uskigyou.com
起業・設立(基本情報)起業・設立税金・会計ビザその他
 
LLCとC-corpの違い(メリット、デメリット)を教えてください。
C-Corporation(株式会社)の特徴は、一定数の株式を発行し、各株主が出資の限度で有限責任を負う法人です。解散をしない限り、会社は永久に存続します。組織はShareholder (株主)、 Director(取締役)、 Officer(役員)で構成します。
C-Corpのメリットは、会社は株主・取締役・役員など構成員とは別個の法人格を持つため、各構成員の責任は有限であることです。また、株の譲渡も容易な点です。
デメリットは、課税面において法人税と配当金に対する株主への所得税という2段階の課税が生じる点。 LLC−Limited Liability Company(有限責任会社)は、近年、多くの州で法律上認められた法人の一形態です。よく日本の有限会社と混同されがちですが、法律上(会社法及び税法上)、日本の有限会社とはまったく異なる形態です。組織は、会社設立にあたり出資する人々や経営に携わる人々は、株主や取締役でなく、Member(メンバー)と呼ばれます。有限というように個々のメンバーは、個人的に会社全体や他のメンバーの債務や義務に対し責任を負うことはなく、各人が出資した分に対し責任を負います。

LLCは小規模の法人形態で、会社として株式会社のように有限責任で、税務上は、メンバーと呼ばれる出資者の個人の所得に課税され、二重課税が生じない点がメリットがあります。税務上、LLCは、選択で普通の株式会社としての取り扱いを選択することもできます。

デメリットは、LLCは小規模の法人形態であり、大規模な事業展開には不向きです。また、LLCは比較的近年に認められた形態であるため、構成員の責任についての判例等まだ法律上で不確かな点もあります。さらに、株式会社と異なり、その存続期間は永久ではなく、設立時に存続期間を決定する必要があります。なお、米国外の国(たとえば日本)在住の人がメンバーとして出資者になった場合、そのメンバーは米国で個人の税申告をしなくてはなりません。その税申告を避けるには、株式会社と同様の税務取り扱いを選択をする必要があります。
(回答者:加藤恵子弁護士)
FAQ一覧へ
 
 
 

© iS Group, Inc. Since 1995. All rights reserved. 2 West 47th Street Suite 700, New York, NY 10036 TEL: 212-921-8788 info@uskigyou.com