uskigyou.com
起業・設立(基本情報)起業・設立税金・会計ビザその他
 
LLCの設立の際は、新聞広告は必要なのでしょうか。
デラウエア州を始め多くの州では、新聞告知を義務をなくしましたが、 ニューヨーク州、アリゾナ州、ネバダ州では、LLC設立には新聞告知をする義務を課しています。ニューヨーク州では LLCを設立したり、LLCとして業務を行う場合は、設立後120日以内に、会社の所在地のカウンティーで配布される2種類の新聞に週に一回、6週間の間、LLC 設立の告知を出さなければならない。そして会社設立後180日以内に州政府に新聞告知をしたという宣誓書を提出しなければなりません。

この新聞告知は、所在地のあるカウンティーに連絡をし、カウンティーが告知を出すべき新聞を指示する。指示のない新聞に広告を出すことは不可。(例えば、Daily Postと指示されながら、広告費が安いからという理由で Village Voiceに出すことは許されない。)

広告費は、所在地の州やカウンティーによって異なりますが、だいたい1500ドルぐらいから2500ドル以内です。 この告知を出さないで業務を開始した場合、会社の登録は不完全な登記と見做され、州内で訴訟の当事者になれません。また、銀行等の融資も受けられなくなるというリスクもあります。
(回答者:加藤恵子弁護士)
FAQ一覧へ
 
 
 

© iS Group, Inc. Since 1995. All rights reserved. 2 West 47th Street Suite 700, New York, NY 10036 TEL: 212-921-8788 info@uskigyou.com