uskigyou.com
起業・設立(基本情報)起業・設立税金・会計ビザその他
 
アメリカでの起業を考えています。業種はITサービスで、ペーパーカンパニーではなく、実際に仕事をしたいと考えています。居住地区としてはシリコンバレーを希望しているのですが、その場合にデラウェア州など他州にて会社を設立するメリット、またはデメリットはありますでしょうか。
連邦税は、どこに事務所を構えても同じですが、州税はどこの州で会社を設立し、事務所を開き、従業員を雇い、在庫を保管し、ビジネスを遂行するかで変わってきます。即ち、州税は、事業所ベースだと考えられます。

シリコンバレーに事務所を開き、そこを本拠地としてビジネスを行う場合、カリフォルニア州で会社を設立する事が、まず考えられます。デラウエア州は、昔から会社を作るのに有利な州として知られておりますが、多くの州にまたがってビジネスを行う比較的大きな企業が、会社の設立をデラウエア州で行いました。そして事業を実際に行う各州で事業登録を行い、その各州で税金を払っております。デラウエア州は、事務所が無い限り、通常、わずかな年会費のような金額のフィーを払うだけです。会社が小さい場合、カリフォルニア州で会社を設立されたほうが、余計なフィーを払わないですむことになります。
(回答:山口猛会計士)
FAQ一覧へ
 
 
 

© iS Group, Inc. Since 1995. All rights reserved. 2 West 47th Street Suite 700, New York, NY 10036 TEL: 212-921-8788 info@uskigyou.com